糖尿病の初期症状を見極めて早期治療!性欲が急激に低下

糖尿病の初期症状はわかりづらい

糖尿病の初期症状は分かりにくくて、気づいた時には病気の進行が進んでしまっているのです。

 

喉が渇いて尿の回数が多くなる

 

最初に、やけに喉が渇いて尿(トイレ)の回数が多くなります。
消化を助ける(血中糖度を下げる)働きを持つインスリンがまともに産出されていないことから、血中の糖度が高くなるためです。

 

身体は異常な事態を解消するために、血液を薄めようとして水分を要求します。
このせいでやたら喉に渇きを感じ、飲み物を欲しがるようになるのです。
もちろんそれは体に吸収される水分量を超えているので、その分尿として出る量が多くなります。

 

疲れ安い、日常的にだるい

 

次に、疲れ安くなったり、日常的にだるくなったりします。
糖尿病になると、尿の中に糖だけでなく、大事な筋肉組織、骨、細胞の動きをしているミネラル分までも、溶け出して流れるのです。

 

このために、体内の必要な栄養素が不足してしまい、
脳にも血液が回りにくくなるため、頭がボーとしたり、身体がだるくなったりします。

 

食欲が出るのに痩せる

 

その次に食欲が強くなります。しかし体重は増えず逆に減少します。
これは膵臓からインスリンが生産されなくなるため、食物を消化できずに栄養素をそのまま排出してしまいます。

 

そうなると、必要なエネルギーを筋肉や脂肪から取るようになり痩せていくのです。
これは一見、よいことのように感じますが、この状態でいると食物から栄養素を摂取できない身体になってしまいます。

 

性欲が急激に低下

 

そして、特に男性に言えることですが、性欲が急激に低下します。
性欲というのは身体が丈夫であっておきるものなので、糖尿病で体力が低下すると性欲の減退という形で表れます。

 

免疫力が低下することが原因

 

体がむくみやすくなったり、吹き出物などできやすくなったりすることもあります。
これも糖尿病が原因で体力が低下していること、免疫力が低下していることが原因です。

関連ページ

糖尿病の原因
生活習慣病の中でも最もメジャーな糖尿病。この糖尿病は生活習慣そのものから起きる病気です。また、肥満と関係ある中性脂肪しっかり予防して治療しましょう。