糖尿病の原因と体力低下が引き起こす体系の変化

糖尿病を診断する血糖値

糖尿病かどうか診断するときには指標となる数値として血糖値というものがあります。
これは血中の糖分が、どのていどあるかを示すもので、血糖値が高くなると糖尿病ということになり様々な症状の原因となります。

 

糖尿病は膵臓の機能障害インスリン

実は医学的に糖尿病とは膵臓(すいぞう)が正しく機能しないことによるトラブルなのです。膵臓は消化を助けるインスリン(もしくはインシュリン)を生産します。

 

インスリンで食べ物から栄養分を取ることが出来るようになるのですが、膵臓の機能が不完全になるためにインスリンが生産されなくなり、食物を食べても栄養素を身体に吸収できなくなります。

 

糖尿病になると体力低下

食べ過ぎ・カロリーの取り過ぎが糖尿病の原因ですが、糖尿病になると、
今度は食べ物から栄養素を取り出せないため、身体はどんどん痩せていきます。

 

人間の体型は全身に統一感があって、
元から痩せている人は全体的に痩せ型の体型をしているので、
バランスが取れているのですが、
糖尿病の場合は、一時的にカロリーのとり過ぎによって太りがちになるのです。

 

しかし、糖尿病となりインスリンが生産されなくなると、
今度は急激に栄養素が足りなくなってしまい痩せていきます。

 

すると、首から上だけが太っていた頃の面影で、首から下は痩せている、
という体系になってしまうことが往々にしてあります。

 

糖尿病による合併症が怖い

糖尿病そのものも、放置しておくと怖い病気なのですが、怖いのが糖尿病による合併症です。つまり糖尿病が原因となり他の病気を誘発してしまうことがあるのです。

 

むしろ合併症にもっと怖い病気が含まれているので、糖尿病は日ごろから予防して、
なってしまったとしても、すぐに治せるようにしておくことが大切なのです。

関連ページ

初期症状を見極める
生活習慣病の中でも最もメジャーな糖尿病。この糖尿病は生活習慣そのものから起きる病気です。また、肥満と関係ある中性脂肪しっかり予防して治療しましょう。