糖尿病の予防や治療!合併症が怖い!

糖尿病は血液に出される糖分

実は糖尿病という言葉から、尿に糖が混ざっていることだと思っていました。

 

実際に分解されなかった糖分が、尿より出てしまうことから「糖尿病」と呼ばれるのですが、実のところ問題なのは、尿に混ざっている糖分より、血液に出される糖分なのです。糖尿病というより「糖血病」と言ったほうが病名としては正確です。

糖尿病と合併症 記事一覧

糖尿病かどうか診断するときには指標となる数値として血糖値というものがあります。これは血中の糖分が、どのていどあるかを示すもので、血糖値が高くなると糖尿病ということになり様々な症状の原因となります。糖尿病は膵臓の機能障害インスリン実は医学的に糖尿病とは膵臓(すいぞう)が正しく機能しないことによるトラブルなのです。膵臓は消化を助けるインスリン(もしくはインシュリン)を生産します。インスリンで食べ物から...

糖尿病の初期症状は分かりにくくて、気づいた時には病気の進行が進んでしまっているのです。喉が渇いて尿の回数が多くなる最初に、やけに喉が渇いて尿(トイレ)の回数が多くなります。消化を助ける(血中糖度を下げる)働きを持つインスリンがまともに産出されていないことから、血中の糖度が高くなるためです。身体は異常な事態を解消するために、血液を薄めようとして水分を要求します。このせいでやたら喉に渇きを感じ、飲み物...