中性脂肪とコレステロールを減らす方法

解消法は食事療法と運動療法

中性脂肪とコレステロールは、相乗効果があり、動脈硬化を悪化させるのですが、
その解消法として、食事療法と適度な運動による中性脂肪の燃焼、運動療法しかありません。

 

中性脂肪を減らす食事療法

 

食事療法は、栄養のバランスを考慮して低カロリーな食事をすることです。
以前の成人病の食事のような、極端な制限はなくて、全ての栄養素が入った食事、
つまり、ミネラル、ビタミンをバランスよく摂る事が重要です。

 

ただし、中性脂肪や悪玉コレステロールの血中濃度が高いうちから全ての栄養素が入った食事は逆効果で、低カロリーな食事に専念しなければなりません。

 

中性脂肪を下げる運動療法

 

食事療法と一緒に運動によって、新陳代謝を高める必要として有酸素運動があります。
エアロビクスなどに代表される有酸素運動ですが、体内のエネルギー燃焼を促すもので、
一般的な成人であれば、脈拍120〜150程度の運動を、
最低20分間以上続けることで、体内の脂肪燃焼が始まるとされています。

 

中性脂肪を減らすための運動とは筋力をアップするための運動ではありません。
あくまで、脂肪燃焼を目的として30分程度の運動を、
間隔を置いて行なった方が疲労をためずに脂肪燃焼には有効とされています。

 

ただ運動中の水分補給は行なう必要があります。
水分を補給しないと、運動中に発汗するため、血中の中性脂肪、
悪玉コレステロールの濃度が高まって、動脈硬化症を発症する恐れがあります。